オブラートと発泡スチロールの製造・販売

協和食品工業株式会社

オブラートの生産工程

原料受入れ(甘藷澱粉・馬鈴薯澱粉)

受け入れ確認を実施します。

原料投入

攪拌タンクに所定分量の甘藷澱粉、馬鈴薯澱粉、(※) 少量の乳化剤(大豆レシチン)を入れ、そこに下水を 加えます。

加熱・攪拌

上記混入液に摂氏100℃程度の熱湯を注ぎ、約1分程攪拌し、摂氏65℃程度の糊状原液を作ります。

乾燥

表面温度摂氏100℃程度の回転式蒸気乾燥ドライヤーにて、温度、厚みを調整しながら薄い膜の状態で乾燥させて、オブラート原紙が出来上がります。

仕分け・検査

オブラート原紙を1枚1枚、厚み、キズや破れ、品質に問題がないかをチェックします。

断裁・最終確認

オブラート原紙を指定寸法に断裁し、最終的な製品チェックを行います。

梱包

所定の方法で梱包します。

製品完成

在庫品は常に出荷できる状態にして所定の場所に保管します。

製品出荷

発泡スチロールの生産工程

原料受入れ(EPS原料)

受け入れ確認を実施します。

予備発泡

原料投入量、蒸気量、発泡時間を調整し、予備発泡機にて指定された(※)倍率に原料を発泡させます。

熟成

発泡した原料を安定させ、成形しやすい状態にするために熟成専用のサイロに入れ、約8時間~12時間ほど熟成させます。

成形

予備発泡・熟成を経た発泡原料が送粒管を通って、成形機内の金型に投入され、蒸気をかけ、その後、水冷、空冷の冷却過程を経て様々な形状の成形品が出来上がります。

乾燥

成形されたスチロール成形品を乾燥室に入れ、1日~2日間ほど乾燥させます。

発泡スチロールの生産工程
発泡スチロールの生産工程

組立

スチロール成形品にシール材や断熱材等の部品取付けの組立て作業を行います。

発泡スチロールの生産工程

検品・梱包

乾燥、組立が完了したスチロール成形品にキズ、汚れ、未充填箇所、取り付け部品に欠品がないかを確認し、それぞれ製品ごとにポリ袋や段ボール箱にて梱包します。

製品完成

在庫品は常に出荷できる状態にして所定の場所に保管します。

製品出荷

(※)乳化剤として少量の大豆レシチンを配合しており、配合することでオブラートに柔軟性が増すとともに、乾燥ドライヤーからはがれやすくなります。

(※)発泡スチロール倍率とは
発泡スチロールの原料に蒸気をかけて、どのくらいの大きさ(何倍)に発泡させるかによって倍率が決まります。倍率が低いほど粒子が小さく、硬い製品となり、倍率が高いほど粒子が大きく、柔らかい製品になります。

お問い合わせ

所在地 〒422-8055
静岡県静岡市駿河区寿町5番20号
TEL 054-282-6668
FAX 054-284-3547
お問い合わせ
お問い合わせ